Love Letters Vol.1

Love Letters:「ずっと我慢させてたなんて…」。子供を望む夫の夢を、叶えられない妻の苦悩

あなたは、誰かにラブレターを送ったことがありますか?

文字に想いをしたためて、愛する人に贈る言葉。

手紙、メールやLINE…方法はいろいろあるけれども、誰かを愛おしいと思う気持はいつだって変わらない。

側にいる大好きな人、想いを伝え損ねてしまったあの人に向けて…。

これは、読むと恋がしたくなる切なくて甘い「ラブレター」にまつわる男女のオムニバスストーリー。


“台風のせいで、日本は週末まで雨らしいよ。帰国便ちゃんと飛ぶかな?”

心配性の夫からのLINEに、美希子の胸はちくりと痛む。いつもなら即レスする夫からのメッセージだが、今は返信する気になれない。

イスラエルでの2週間の出張は、明日で終わる。

散らかった部屋の荷物を集めて、スーツケースに詰め込まないといけないのはわかっている。しかし、先程上司から打診されたイスラエル赴任のことで、美希子の頭はいっぱいだった。

総合商社の審査部で働く美希子は、1年前に海外担当へ異動した。そのため1年のうち半分は、海外を飛び回る生活を送っている。

自分で希望した道とはいえ、慣れない土地で仕事を覚えるストレスは、相当なものだ。日本で待つ夫の献身的なサポートがなければ、とっくに挫けていたかもしれないと美希子は思う。

夫・裕介は、同じ大学の1つ上の先輩だった。異性にあまり興味のなかった美希子を、1年かけて口説き落としたエピソードは、当時の仲間内で今も語り継がれているらしい。

美希子は、外でのキャリアウーマンぶりとは裏腹に、プライベートでは相当手がかかる女だ。

疲れて家に帰ったときは、家事などする気になれないし、お風呂すら面倒臭くて、そのまま寝てしまいたくなることもよくある。裕介はそんな美希子を包み込み、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる。

教育系のベンチャー企業に勤める裕介は、勤務時間がフレキシブルに調整できるため、家事全般を担ってくれている。

帰国後はいつも和食が食べたくなる美希子のために、今回も何か作って待っていてくれているはず。まさに理想の夫なのだ。

「今までわがまま放題やってきた挙句、次は駐在夫になってくれなんて、…流石の私も言えないわよ」

時計を見ると18持、そろそろ時間だ。今日はイスラエル駐在中の先輩と食事をする予定になっている。

美希子は、散らかった部屋と夫からのLINEメッセージから逃げるように、そそくさとホテルの部屋を出た。

【Love Letters】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

Mostexpensiveーショッピング

  • 老舗『人形町今半』の名物をおうちで再現! 東カレ限定・黒毛和牛すき焼きセット
    老舗『人形町今半』の名物をおうちで再現! 東カレ限定・黒毛和牛すき焼きセット
  • 肉の旨みたっぷり!『人形町今半』カレー・シチュー・ハッシュドビーフセット
    肉の旨みたっぷり!『人形町今半』カレー・シチュー・ハッシュドビーフセット
  • しっとりと柔らかく、旨みがぎゅっとジューシー!ハーブとスパイスが食欲をそそるホールチキン
    しっとりと柔らかく、旨みがぎゅっとジューシー!ハーブとスパイスが食欲をそそるホールチキン
  • 口どけなめらか!とうもろこしの甘みと程良い塩気のクッキーが絶妙なムースサンド
    口どけなめらか!とうもろこしの甘みと程良い塩気のクッキーが絶妙なムースサンド
  • まるでレアチーズのような滑らかな口当たり!今までのチーズタルトの概念を変える極上のふんわり感
    まるでレアチーズのような滑らかな口当たり!今までのチーズタルトの概念を変える極上のふんわり感
もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo