呪われた家 Vol.7

「2人きりで海外挙式をしよう」男の甘い言葉は、新妻の心を媚薬のように支配してゆく…

結婚と同時に女に待ち受けるのは、“義実家”という呪縛。

奇妙な風習、監視の目、しきたり、そして義家族たちの薄笑い…。

夜な夜な響くその声は、幸せでいっぱいだったはずの新妻の心を蝕んでゆく。

◆これまでのあらすじ

看護師の岡林沙織(26)は、恋人の清川宗次郎(28)からプロポーズを受け、1年の交際を経ていよいよ結婚することが決まった。

義母の千鶴子が倒れたことをきっかけにいよいよ同居がはじまるが、義姉の朝美からの嫌がらせが本格化し始める。

そして夜中バレリーナの扮装をして踊る千鶴子と遭遇してしまう。あまりの衝撃の光景に悲鳴をあげる沙織だった。


「宗次郎、一緒に旅行に行かない?」

地方での研修から戻って来た宗次郎に、沙織はそう言った。

いったんこの家から離れ、冷静になりたい。ゆっくり眠りたい。宗次郎と二人でこれからについて話したい。無理な希望だとわかっていても、思いだけでも伝えたかった。

千鶴子がバレエを踊る姿を見て以来、恐怖で安眠できる日はなかった。このままでは精神的に崩壊してしまうと自覚した沙織は、人手不足の夜勤中心のシフトを希望し、なるべく夜間家にいないようにしていた。

「そうだね。休みが合えば行こう」

宗次郎はにっこりと微笑んだ。「家に帰って来たばかりなのに…」「仕事が忙しいから無理」のような言い方をしない。もし、そう少しでも引っかかりのある言い方をしてくれたら、そこから議論し、会話が展開するのに…と沙織は思う。

―絶対に否定しないことも、物腰の柔らかさも、宗次郎の素晴らしいところなのに…。

宗次郎も自分も仕事が忙しいし、今は家のこともある。旅行に行けるほど休みが合うというのは現実的ではない。

「なかなか時間を作れなくて申し訳ないと思ってるよ。新婚旅行は思い切り楽しもう。沙織はどこに行きたい?」

宗次郎は沙織を抱き寄せながら言った。

【呪われた家】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

Mostexpensiveーショッピング

  • 老舗『人形町今半』の名物をおうちで再現! 東カレ限定・黒毛和牛すき焼きセット
    老舗『人形町今半』の名物をおうちで再現! 東カレ限定・黒毛和牛すき焼きセット
  • 肉の旨みたっぷり!『人形町今半』カレー・シチュー・ハッシュドビーフセット
    肉の旨みたっぷり!『人形町今半』カレー・シチュー・ハッシュドビーフセット
  • しっとりと柔らかく、旨みがぎゅっとジューシー!ハーブとスパイスが食欲をそそるホールチキン
    しっとりと柔らかく、旨みがぎゅっとジューシー!ハーブとスパイスが食欲をそそるホールチキン
  • 口どけなめらか!とうもろこしの甘みと程良い塩気のクッキーが絶妙なムースサンド
    口どけなめらか!とうもろこしの甘みと程良い塩気のクッキーが絶妙なムースサンド
  • まるでレアチーズのような滑らかな口当たり!今までのチーズタルトの概念を変える極上のふんわり感
    まるでレアチーズのような滑らかな口当たり!今までのチーズタルトの概念を変える極上のふんわり感
もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo