ミーハー女 Vol.1

ミーハー女:「ちょっと優しくすればOK」。男なんてチョロいと舐めていた女が、苦汁を飲んだ出来事

流行の発信地である東京。

日々、新しいショップやレストランがオープンし、アップデートを繰り返す街。

東京で、そのすべてを楽しみつくそうとする女を、時として人は「ミーハー女」と呼ぶ。

ミーハー女で何が悪い?

そう開き直れる女こそ、東京という街を楽しめるのだ。

PR会社に勤務するミハル(27歳)も、最新のものをこよなく愛する「ミーハー女」である。

ただミハルの場合は、恋愛においてもミーハーであり、それが人生を少しだけハードモードにしていたのだ。

ミーハー女・ミハルは、この東京でどう成長していくのか?その物語をお届けしよう。


「今日の食事会、誰がくるんだっけ?」

「大学から友達の商社マン一人と、あとは7年目の先輩が一人、10年目が二人だって」

「10年目かぁ。ちょっと気使わなきゃいけないし、面倒だなぁ」

待ち合わせ場所である六本木ヒルズのお手洗いで化粧を直し、ミハルは同期のユリナと夜の街に繰り出した。

金曜20時、西麻布。

ここで華金を過ごすのは、何回目だろう。

「ミハルです。PR会社で働いてます。社会人5年目です!」

「みんな可愛い〜しかもPR会社とかキラキラ女子じゃん!」

到着したレストラン。いつものごとく、男性陣のテンションは最高潮だ。

ミハルの友人たちは皆、お酒が強くて、顔も可愛い。特に今夜のメンバーは、PR会社で働いているから機転も利くし、ノリも良い。このメンバーの食事会で、お金を払うなんてありえない。

ー可愛いは、やっぱり正義だ。

合コン相手の中で、大学からの友人である直樹がミハルの話を掘り下げる。

「PR会社かぁ、最近話題のものとか教えてよ!」

「あ、そういえば実写版の『アラジン』、仕事が忙しくて実はまだ見られてなくて…」

ミハルの発言に、男性陣が食い気味に声をあげる。

「お、良いね!じゃあ俺と『アラジン』観に行こう!」

「え〜抜け駆けずるい!俺も行きたい!」

そんな会話で場がひとしきり盛り上がってきた頃、隣に座っていた直樹が耳元で囁いてきた。

「ミハルちゃんって本当に可愛いよね。めちゃくちゃタイプ。『アラジン』俺と行こうよ」

ー狙い通り。

直樹の誘いを聞いた瞬間、ミハルは隠すことなく満面の笑みを浮かべた。

顔が可愛くてノリも良いから、ちょっと目配せをすれば、男なんて簡単に落とせる。

また会いたい、と思わせることなんて、ミハルにとっては簡単なことだと思っていた。

この数日後、直樹からのありえない仕打ちを受けるまでは…。

【ミーハー女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

Mostexpensiveーショッピング

  • 老舗『人形町今半』の名物をおうちで再現! 東カレ限定・黒毛和牛すき焼きセット
    老舗『人形町今半』の名物をおうちで再現! 東カレ限定・黒毛和牛すき焼きセット
  • 肉の旨みたっぷり!『人形町今半』カレー・シチュー・ハッシュドビーフセット
    肉の旨みたっぷり!『人形町今半』カレー・シチュー・ハッシュドビーフセット
  • しっとりと柔らかく、旨みがぎゅっとジューシー!ハーブとスパイスが食欲をそそるホールチキン
    しっとりと柔らかく、旨みがぎゅっとジューシー!ハーブとスパイスが食欲をそそるホールチキン
  • 口どけなめらか!とうもろこしの甘みと程良い塩気のクッキーが絶妙なムースサンド
    口どけなめらか!とうもろこしの甘みと程良い塩気のクッキーが絶妙なムースサンド
  • まるでレアチーズのような滑らかな口当たり!今までのチーズタルトの概念を変える極上のふんわり感
    まるでレアチーズのような滑らかな口当たり!今までのチーズタルトの概念を変える極上のふんわり感
もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo